Pairs(ペアーズ)でメッセージの既読、未読がわかる機能!既読スルー、無視されたら?

Pairs(ペアーズ)でメッセージの既読、未読がわかる機能!既読スルー、無視されたら? Pairs(ペアーズ)

人気マッチングアプリ(厳選の4つ)
~ 婚活するなら ~ ~ 恋活するなら ~

Pairs(ペアーズ)の既読機能の使い方、ポイントを解説します。相手に既読スルーや未読無視される原因や対策方法もあわせて紹介するので、「既読がつかない」「メッセージが未読のまま」と疑問に感じている方は参考にしてみてください。男性も女性も対象としております。

Pairs(ペアーズ)の既読機能とは

ペアーズは相手のメッセージを確認する機能が備わっていません。そのため、相手がメッセージを読んでくれたかどうか確認するには、既読機能を使う必要があります。

既読機能はPairs Store(ペアーズストア)でポイントを交換することで手に入ります。
 

  • 1人分 …… 9ポイント
  • 3人分 …… 21ポイント
  • 5人分 …… 33ポイント

 
既読機能は一人の相手に対して使い、その相手が退会するまで有効です。いつまで経っても既読にならないけれど、どうしてもメッセージのやり取りを続けたいという本命の相手に使うのが効果的です。

また、有料のコースに加入すると既読機能が何回でも自由に使えます。男性の場合はプレミアムオプション、女性の場合はレディースオプションと言います。

これに課金すればポイント交換をせずに相手の既読を確認することができます。しかし、月額料金を考えると、あまり効率が良いとは言えません。お金を使うなら他のマッチングアプリを並行して利用して、出会いの機会を増やすほうが効果的です。

>>Pairs(ペアーズ)プレミアムオプションとは?料金や有料会員との違いを解説。

 

既読は相手にばれる?

既読機能を使っても相手にはわかりません。設定してもバレることはないので安心して使えます。

 

既読の表示

既読機能を使うと、メッセージが相手に読まれたときに「既読」の表示がつきます。

ペアーズの既読機能:「既読」の表示

 

Pairs(ペアーズ)で既読スルーをする心理とは?

ペアーズを使っていると、メッセージが既読になったのに返信が来ないという状況がよくあります。これを既読スルー、または既読無視などと言います。相手に興味を持ってもらえない悲しい状況ですね。いったい相手は何を考えてメッセージを無視するのでしょうか。その原因を考えてみましょう。

 

①忘れている

相手が忙しいときには既読スルーされてしまう場合があります。メッセージを読んだけれど、何と返信したらいいか迷っているうちに何となく放置してしまうパターンです。

特に女性の場合は何人もの男性とメッセージのやり取りを並行して行なうのが普通です。ただでさえ仕事や勉強で忙しいのに、たくさんのメッセージに対応しなければならないのは大変ですよね。

返信が遅くてもだいたい2週間くらいは様子を見ましょう。

 

②脈なし

ペアーズでは女性はほとんどの場合、多くの男性とメッセージのやり取りを並行して行なっています。その中にもメッセージのやり取りを優先させたい本命の男性と、そうではない男性がまじっているものです。

このように相手に本命の会員がいる場合、メッセージを送っても無視されてしまうことがあります。優先順位が低いので仕方ないとも言えますね。

 

③返信に困る

メッセージが返信したくなるような内容でない場合、既読スルーされることが多くなってしまいます。たとえば、相手との共通点を書かずに自分の話だけ書いてしまったり、相手に対する質問がなかったりする場合です。

相手が自分との接点が薄いと感じてしまったり、何と書いていいか分からなくなってしまったりすると、メッセージを受け取っても返信せずに放置してしまうことがあるのです。

 

④文面が失礼

基本的なことですが、相手を不快な思いにさせてしまうと、その時点でメッセージのやり取りが止まってしまいます。たとえば、敬語を使わずにタメ口を使ったり、メッセージの催促をしたり、メッセージを連続で送ったりする場合です。

礼儀をわきまえることは社会人として基本的なマナーです。特に文面のみでやり取りを行うインターネットの世界では、相手に誠実な印象を持ってもらうことが非常に大切です。

 

Pairs(ペアーズ)で既読スルーを予防するコツ

つぎに既読スルーされないために心がけるポイントをチェックしましょう。

 

①返信しやすい内容にする

メッセージは相手が返事をしやすいように心がけましょう。メッセージの最後には質問を添えて、自分から話題を提供するようにします。

また、長文にならないことも大切です。メッセージがあまりに長いと相手は読むのが面倒になってしまい、返信率が下がります。そのため、メッセージは短く簡潔にまとめるようにしましょう。ひとつひとつの文を短くするのも読みやすくするためのコツです。

 

②丁寧な言葉づかい

言葉づかいは丁寧にしましょう。必ず敬語を使ってメッセージのやり取りをします。タメ口は相手の様子を見ながら、少しずつ割合を増やしていきます。

また、あいさつやお礼も大切です。たとえば、「はじめまして」「お疲れさまです」「返信いただきありがとうございます」など、相手が忙しい時間をやりくりしてメッセージを送ってくれたことに対する感謝や労いの言葉を欠かさないようにしましょう。

 

③メッセージのペースは相手に合わせる

メッセージをやり取りする頻度は相手に合わせて調整しましょう。一般的には1日1、2往復になることが多いですが、相手によっては1日に何通もやり取りすることがあります。

相手が不快にならないように、メッセージを何通も連続で送るのはやめましょう。返信が遅くなると不安になりますが、相手からの返事を待つのが大切です。2週間ほど間隔をあけてもう一度メッセージを送ってみて、それでも返信がない場合は、残念ですがあきらめて次の相手を探しましょう。

>>Pairs(ペアーズ)のマッチング後の初メッセージで返事をもらうには?初回に送る例文を紹介

 

Pairs(ペアーズ)で既読無視された時の対処方法

既読がついているのに返信が来ない時、ほとんどの場合は相手に本命の人がいます。返信する優先順位が低いので、既読スルーされてしまうのです。

このような時にはどうすることもできないので、あきらめて次の出会いを探しましょう。マッチングアプリを効果的に使うには数をこなすことが大切です。

一人の相手にあまり思い入れが深いと、うまくいかなかったときのダメージが大きくなってしまいます。ペアーズでメッセージのやり取りをしていた相手がとつぜん音信不通になることはめずらしくないので、あきらめることも重要なのです。

 

Pairs(ペアーズ)の未読スルーは既読スルーよりもマシ?

既読スルーに対して未読スルーという言葉がありますよね。メッセージが相手に読まれずに放置されている状態のことです。

未読スルーは既読スルーよりも返事が来る希望を持てます。なぜなら、相手がまだメッセージを読んでいないということは、メッセージを読みさえすれば返事をくれるかもしれないからです。

特に相手がログインしていない場合は、忙しくてペアーズを開く余裕もないと考えられます。相手がログインするまで様子を見ましょう。

いっぽう、相手がログインしているのに既読にならない場合は、そもそも興味を持ってもらえていないと考えられます。この場合もやはりどうすることもできないので、別の相手を探しながらしばらく様子を見ましょう。

ただ、メッセージを相手に気づいてもらえるように、「みてね!」を使うという選択肢はあります。相手が忙しくてメッセージを読めなかったり、ほかの会員からたくさんメッセージを受け取りすぎて読み切れなかったりする場合に効果的と言えます。

>>Pairs(ペアーズ)「みてね!」「メッセージ付きみてね!」機能とは?効果を検証

 

Pairs(ペアーズ)の既読・未読まとめ

ペアーズで既読スルーを防ぐためには、相手を不快にさせず、楽しくメッセージの交換ができるように配慮することが大切ですね。相手と自分の共通点を見つけながら質問を投げかけて話題づくりをしたり、自分に興味のない話題でもきちんと聞いてあげたり、そのような気配りが欠かせません。難しく感じるかもしれませんが、慣れてくればできるようになります。

また、メッセージのやり取りがとつぜん途絶えてしまうことはペアーズに限らず、恋活・婚活をする上でよくあることなので、相手に無視されてしまってもあきらめずに次の出会いを探すように気持ちを切り替えましょう。

コメント

▼ この記事を書いた人

アラサーのための恋活・婚活ガイド編集部

公式ライター oguro
20代半ばから始めた婚活体験を元に、恋愛や結婚にまつわるお役立ち情報を発信しております。各種のマッチングアプリや結婚相談所、街コン、そして婚活パーティーなど、出会いの場を中心に活動中です。読者の皆様が良縁に恵まれ、生涯のパートナーを得られることを願っております。

アラサーのための恋活・婚活ガイド編集部をフォローする