Pairs(ペアーズ)のコミュニティのおすすめは?入る数や追加する順番とは?

Pairs(ペアーズ)のコミュニティのおすすめは?入る数や追加する順番とは? Pairs(ペアーズ)

人気マッチングアプリ(厳選の4つ)
~ 婚活するなら ~ ~ 恋活するなら ~

Pairs(ペアーズ)のコミュニティ機能を効果的に使うにはどうしたらよいでしょうか。「入る数はいくつ?」「表示順を入れ替えるには?」「おすすめは?」「一覧から絞り込み検索するには?」などの疑問を順番に解消します。

Pairs(ペアーズ)のコミュニティとは?

ペアーズのコミュニティ

ペアーズのコミュニティとは、同じ趣味や価値観を持った利用者が集まるグループです。これに参加することで自己紹介文に足りない内容を補うことができます。

コミュニティの種類は、大きく分けて趣味ライフスタイル価値観の3つに分かれます。

コミュニティに入るメリットは、共通の考えを持つ人から「いいね!」をもらえるチャンスが広がる点です。
 

 
コミュニティをきっかけとしてマッチングにつながる例はたくさんあるので、できるだけ多くのコミュニティに参加することをおすすめします。

コミュニティに参加するには、画面の下にあるメニューから「コミュニティ」をタップして検索します。
 
ペアーズ・下のメニュー・コミュニティー
 
また、相手のプロフィール画面に表示されているコミュニティ一覧から参加することもできるので、気になる相手と同じコミュニティに簡単に入れます。
 
ペアーズのコミュニティの例

 

Pairs(ペアーズ)で入るべきコミュニティ数はいくつ?

参加するコミュニティの数は、24~36個が理想的です。少なすぎると出会いのチャンスが広がりませんし、多すぎてもプロフィールが雑多になってしまいます。コミュニティは30個前後を目安に参加するようにしましょう。
 
ペアーズの参加コミュニティは30前後が理想

 

Pairs(ペアーズ)の表示順(並び順)

参加した順番

プロフィールに表示されるコミュニティ一覧は、自分が新たに入ったものから順番に並びます。つまり、最も古く参加したコミュニティは、後ろのほうへ追いやられる形になります。

参加したコミュニティの中で、自分が特にアピールしたいものがあれば、最後に入るようにしましょう。すでに入っている場合は、一旦そのコミュニティを退会します。そして、そのコミュニティにふたたび参加すれば、表示を先頭に並び替えることができます。

 

相手と同じコミュニティに参加している場合

相手のプロフィールを見たとき、参加しているコミュニティ一覧の中に、自分も入っているものがあった場合、そのコミュニティは先頭に表示されます

共通のコミュニティをチェックすることで、相手と話が合うか判断する材料になるのです。

 

Pairs(ペアーズ)のおすすめコミュニティ

ペアーズのコミュニティで入るべきものは、次のようなコミュニティです。

  1. 自分の特徴を表わすもの
  2. 参加人数が多いもの
  3. 公式コミュニティ(定期的に期間限定で開催)

 

①自分の特徴を表わすもの

自己紹介のつもりで、自分の趣味や価値観に合ったコミュニティに入りましょう。このとき注意したいのは、自分の性格や特徴を正直に明かすことです。

プロフィールを見てくれる相手を意識することは大切ですが、ウソをつくのは良くありません。

たとえば、猫が嫌いなのに、女子ウケをねらって「ねこ好き」のコミュニティに入るのはNGです。たとえ猫好きの人とマッチングしても、話がかみ合わずメッセージのやり取りが長続きしない恐れがあるからです。

【例】

  • テニス(2万人以上)
  • 美術館・博物館好き(5万人以上)
  • アニメ・漫画・ゲーム大好き(8万人以上)

 

②参加人数が多いもの

自分の趣味や価値観を示すコミュニティに入るうえで、なるべく参加人数の多いものを選ぶことが大切です。参加人数の少ないコミュニティに入っても、それをきっかけとして「いいね!」をもらえるチャンスがあまり広がらないからです。

たとえば、趣味で三味線を弾く人が「三味線好き」というコミュニティに入っても、これをきっかけに「いいね!」をもらうことは、なかなか期待できません。たしかに相手に珍しがられるかもしれませんが、共感を得られる可能性は薄そうですね。

この場合は、「楽器やってます!」「楽器が演奏できる!」など、対象範囲の広いコミュニティを選びましょう。すると、「どんな楽器を弾けるんですか?」と相手が質問しやすい状況を作れるので、メッセージのやり取りが続きやすくなります。

このように、マッチング後の会話の糸口にするため、できるかぎり万人受けするようなコミュニティを選びましょう。

【例】

  • スポーツが好き(4万人以上)
  • 一緒にいて笑い合える人がいい(17万人以上)

 

③公式コミュニティ(定期的に期間限定で開催)

ペアーズでは定期的に公式コミュニティが設定されます。たとえば、「一緒にイルミネーションを観に行こう!」「一緒に料理がしたい!」「一緒に初詣に行こう」など、趣味や季節のイベントなどを一緒に楽しむような内容のものです。
 
ペアーズ:公式コミュニティ
 
これに参加すれば、ポイントを消費せずに「メッセージ付きいいね!」を使えるので、積極的に参加することをおすすめします。

>>Pairs(ペアーズ)の「メッセージ付きいいね!」の例文と送り方。効果的なやり方とは?

 

Pairs(ペアーズ)で好印象を期待できる定番のコミュニティ

「どのコミュニティに入ろうか迷う」「自慢できる趣味がない」と悩んでいる方は、下記のコミュニティに参加されてはいかがでしょうか。参加人数の多い定番のコミュニティです。

 

自分の恋愛観や生活スタイル

【例】

  • 真面目に真剣に出会いを探してます。(20万人以上)
  • マッチング後、LINE交換OK(12万人以上)
  • 一人の時間も大切(1万人以上)

 

自分の好きな場所(一緒に行きたい場所)

【例】

  • 水族館に癒される(5万人以上)
  • ディズニー好き(8万人以上)
  • 温泉大好き(15万人以上)

 

好きな食べ物(お酒が飲めるかどうか)

【例】

  • 一緒に呑みにいけるお酒好きな人がいい(12万人以上)
  • 甘いもの大好き(8万人以上)
  • ラーメンが好き(9万人以上)

 

Pairs(ペアーズ)で避けたほうがよいコミュニティ

ギャンブル

婚活・恋活において、ギャンブルは女性に好まれない傾向があります。「ギャンブルする人は恋愛対象外です」「ギャンブルに興味なし」といったコミュニティもあるくらいなので、実際に趣味でギャンブルを楽しんでいる場合でも、わざわざ大きな声で言う必要はありません。

パチンコや競馬など、ギャンブルを連想させるコミュニティには入らないほうが賢明です。

【例】

  • パチンコ&スロット

 

ビジネスや投資

科学技術が発達した現在では、多様な価値観や働き方がありますが、すべての人に理解を得られるとはかぎりません。相手によっては「怪しい」「良くないことに勧誘されるのではないか」と誤解を招いてしまう恐れがあります。

そのため、起業や投資など、ビジネスに関連するコミュニティは避けたほうが無難です。

【例】

  • 在宅ワーク探してる方!
  • ブロックチェーンが世界を変える

 

Pairs(ペアーズ)のコミュニティを作成する

コミュニティは自分で新たに作ることもできます。作る機会は滅多にないと思われますが、自分に合ったコミュニティが見つからず、どうしても新しく作りたいという場合は作成しましょう。

作成するとコミュニティの管理人になることができます。管理人はコミュニティページで最初に表示されるので目立ちます。参加人数が増えてコミュニティが大きくなれば、それだけ自分をアピールするチャンスが広がります。

作成手順は次の通りです。適当な文字列でコミュニティを検索し、該当のコミュニティが見つからない場合は「新しいコミュニティを作成する」ボタンが表示されるので選択します。そして、「コミュニティ名」「カテゴリ」「コミュニティの写真」を設定すれば登録完了です。

 

Pairs(ペアーズ)のコミュニティに関してよくある疑問

コミュニティは絞り込み検索できない?

コミュニティを選択すると、そのコミュニティに参加している異性の会員が、自分の希望条件と合わない相手まで、すべて表示されてしまいます。

たとえば、あるコミュニティのなかで、関東在住の20代の相手を探しているのに、関西在住の相手や40代の相手まで表示されてしまうのです。

コミュニティの絞り込み検索をするには、男性の場合、プレミアムオプションに加入しなければなりません(女性の場合は年齢確認を済ませれば利用可能)。
 

 
プレミアムオプションに加入すれば、相手を探す画面で検索条件を設定するときに、共通のコミュニティに参加している相手を絞り込んで検索できるようになります。

>>Pairs(ペアーズ)プレミアムオプションとは?料金や有料会員との違いを解説。

>>Pairs(ペアーズ)年齢確認のやり方。保険証や免許証で安全に設定する方法。

 

コミュニティページで自分を非表示にしたい

「知り合いにペアーズの利用を知られたくないから、コミュニティページに自分を一覧表示させたくない」という場合は、プライベートモードを利用することで自分を非表示にできます。

>>Pairs(ペアーズ)のプライベートモードとは。男性も女性もデメリットが多い?

また、万が一、ペアーズ内に知り合いを見つけてしまった場合は、ブロック機能を使えば大丈夫です。

>>Pairs(ペアーズ)のブロックと非表示の違い。メッセージが消えた時の確認方法とは?

>>【身バレ対策】Pairs(ペアーズ)の利用が友達や知り合いにばれる心配は無い!

 

相手の参加コミュニティ数が増えている(または減っている)

増えている場合

マッチングした相手とメッセージを交わし、意気投合すればメッセージのやり取りが続いていきます。そのような状況で、ふと相手のプロフィールをのぞいてみると、参加しているコミュニティの数が増えている、という場合があります。このとき、相手がコミュニティを増やした理由を疑問に感じる人がいますが、これは「相手が別の相手をさらに探すためにコミュニティを増やした」と考えるのが妥当です。

ペアーズでは、複数の相手と並行してメッセージのやり取りを続けるのが一般的です。一人の相手に対して思い入れが強すぎると、うまくいかなかったときのショックが大きくなってしまうので、メッセージのやり取りが順調でも安心せず、ほかの相手をさらに探すくらいの積極性を心がけましょう。

 

減っている場合

また、上の例とは反対に、相手が参加コミュニティを減らす、という場合もあります。これは、「いいね!」を送ったもののマッチングしなかった相手によく見られます。

共通コミュニティがあると、「お相手からのいいね!」画面に「”○○”がきっかけでいいね!」が表示されます。
 

 
「いいね!」を受け取った相手が、同じコミュニティから退会して共通点を消すことで、「あなたには興味がありません」ということを遠回しに伝えていると考えられます。

そのため、「いいね!」を送った相手が、自分と同じコミュニティから消えてしまった場合は、潔くあきらめましょう。しつこく足あとを付けたり「みてね!」を送ったりするのは、おすすめできません。

>>Pairs(ペアーズ)「みてね!」「メッセージ付きみてね!」機能とは?効果を検証

>>Pairs(ペアーズ)で足跡をつけない方法・足あとを消す(残さない)設定のやり方。

 

Pairs(ペアーズ)のコミュニティまとめ

ペアーズで積極的にマッチングしたい場合は、コミュニティに入りましょう。

    ポイント

  • 参加コミュニティは30個前後がおすすめ
  • アピールしたいコミュニティは最後に入る
  • 公式コミュニティに入る

コミュニティは、相手と自分の共通点を見つけて会話を盛り上げるきっかけになるので、多めに参加するようにしましょう。

コメント

▼ この記事を書いた人

アラサーのための恋活・婚活ガイド編集部

公式ライター oguro
20代半ばから始めた婚活体験を元に、恋愛や結婚にまつわるお役立ち情報を発信しております。各種のマッチングアプリや結婚相談所、街コン、そして婚活パーティーなど、出会いの場を中心に活動中です。読者の皆様が良縁に恵まれ、生涯のパートナーを得られることを願っております。

アラサーのための恋活・婚活ガイド編集部をフォローする