ゼクシィ縁結びのお見合いオファー(コンシェルジュ)の使い方や流れ、タイミングを解説

ゼクシィ縁結びのお見合いオファー(コンシェルジュ)の使い方や流れ、タイミングを解説 ゼクシィ縁結び

 

人気マッチングアプリ(厳選の4つ)
~ 婚活するなら ~ ~ 恋活するなら ~

ゼクシィ縁結びのお見合いオファーはマッチングが成立すればいつでも利用できますが、使うタイミングには注意が必要です。

今回は、お見合いコンシェルジュにサービスを依頼するタイミングや流れ、注意点などを解説します。

【POINT】

  • お見合いオファーは、マッチング後いきなり使わないようにする
  • お見合いオファーでは、お店の予約は自分たちでする

 

ゼクシィ縁結びのお見合いオファーとは

ゼクシィ縁結びのお見合いオファー

ゼクシィ縁結びのお見合いオファーとは、二人の代わりにコンシェルジュがデートの待ち合わせ場所・日時を調整してくれるサービスです。

待ち合わせ場所はコンシェルジュが決めてくれますが、デートをするお店は自分たちで予約する必要があります。

利用料金はかかりません。無料で使えます。ただし、有料会員限定のサービスなので、無料会員は有料会員に移行する必要があります。

 

ゼクシィ縁結びのお見合いオファーのメリット

ゼクシィ縁結びのお見合いオファーには以下のようなメリットがあります。

  • 個人情報を明かさずに済む
  • デートの日程調整を丸投げできる

 

①個人情報を明かさずに済む

デートの日時や場所を調整する中で、「LINEのIDやメールアドレスを交換しよう」という流れになる可能性があります。

人によっては、「会ってから連絡先を交換したい」、「提案を断りづらい」と考えるかもしれません。

お見合いコンシェルジュを利用すれば、個人情報を明かさずにデートの調整ができ、安心して初回のデートに臨むことができます。
 

②デートの日程調整を丸投げできる

異性をデートに誘うのが苦手な人や、そもそもデートの経験がない人、デートの調整が苦手な人にとって、日程調整をコンシェルジュに丸投げすることができ、心理的な負担をやわらげるメリットがあります。

 

ゼクシィ縁結びのお見合いオファーの流れ

ゼクシィ縁結び_お見合いオファー・お見合いコンシェルジュ

ゼクシィ縁結びでお見合いオファーを利用する場合、以下のような手順を踏みます。

  1. マッチング後、メッセージ交換する
  2. お見合いオファーをする
  3. 相手が承知する
  4. コンシェルジュが待ち合わせ場所と日時を調整する
  5. 当日になったらデートする

 

ゼクシィ縁結びでお見合いオファーを使うおすすめのタイミング

これは相手をデートに誘うタイミングと同じですが、お見合いオファーを使うおすすめのタイミングは、メッセージ交換を始めて数日~数週間経った頃です。

メッセージを何通か送りあっている段階であれば、「直接会って話をしましょう」という提案をしやすいタイミングだからです。

反対に、マッチング後いきなりお見合いオファーをするのはおすすめできません

オファーをすれば必ず会えるというサービスではないので、アプリ内でメッセージ交換を重ねて、共通の趣味を探したり、相手の好きなものを把握したりして、ある程度の信頼関係を築くことが大切です。

 

ゼクシィ縁結びのお見合いオファーの注意点

お見合いオファーのキャンセル

お見合いオファーは、調整期間中の14日間を過ぎると不成立となり、自動的にキャンセルになります。

もう一度お見合いオファーをしたい時は、オファーし直すこともできます。

また、オファー成立後に都合が悪くなるなどしてキャンセルしたい時は、相手に連絡しましょう。
 

お見合いオファーは断ってもOK

相手から届いたお見合いオファーは断っても構いません。

そのままメッセージのやり取りを続けることもできます。

 

ゼクシィ縁結びのお見合いオファーのおさらい

  • お見合いオファーを使うタイミングはメッセージ交換を何度かした後
  • お見合いオファーは断ることもできる
  • デートに誘うのが苦手でなければ使わなくてもOK

ゼクシィ縁結びのお見合いオファーは使うタイミングに気をつけましょう。

また、デートに誘うのが苦手でなければ使う必要もありません。自分にとって必要なサービスだと思った場合だけ利用しましょう

コメント

▼ この記事を書いた人

アラサーのための恋活・婚活ガイド編集部

公式ライター oguro
20代半ばから始めた婚活体験を元に、恋愛や結婚にまつわるお役立ち情報を発信しております。各種のマッチングアプリや結婚相談所、街コン、そして婚活パーティーなど、出会いの場を中心に活動中です。読者の皆様が良縁に恵まれ、生涯のパートナーを得られることを願っております。

アラサーのための恋活・婚活ガイド編集部をフォローする