ゼクシィ縁結びにサクラや業者はいるのか?手口や見分け方・対策を徹底解説!

ゼクシィ縁結びにサクラや業者はいるのか?手口や見分け方・対策を徹底解説! ゼクシィ縁結び

 

人気マッチングアプリ(厳選の4つ)
~ 婚活するなら ~ ~ 恋活するなら ~

ゼクシィ縁結びにサクラや業者はいるのかな……

LINE(ライン)IDやメールアドレスなどの個人情報を狙う人がいるの?

 
以上のような疑問を感じている方もいるのではないでしょうか。ゼクシィ縁結びは安全に使える優良なマッチングアプリですが、自分の身を守る備えをするに越したことはありません。今回は、業者の手口や見分け方、悪質ユーザー対策などをご紹介します。

 

サクラと業者の違い

そもそも、サクラや業者とは一体どのような存在なのでしょうか。それぞれ確認してみましょう。

サクラとは、サービスの運営元に雇われた人で、ユーザーをサービス内に少しでも長く引きとどめて課金させるのが主な目的です。よく見られる特徴として、実際に会おうとするとはぐらかされるLINEのID交換に応じずにアプリ内でのやり取りにこだわる、といったことが挙げられます。

一方、業者とは、サービスの運営主体と無関係の人です。宗教やビジネスなど、自らの利益のためにサービスを悪用して集客するのが主な狙いです。よく見られる特徴として、積極的に会おうとするLINEのIDやメールアドレスなどの個人情報を聞き出そうとする、といったことが挙げられます。

このように、サクラと業者には多少の違いがありますが、まじめにマッチングアプリを使いたいユーザーにとって迷惑な存在であることに変わりはありません。

それでは、ゼクシィ縁結びにサクラや業者はいるのでしょうか?

 

ゼクシィ縁結びにサクラはいない

ゼクシィ縁結びにサクラはいないと言えます。なぜなら、運営元がサクラを雇ってもメリットがないからです

サクラは雇われてメッセージの交換だけ行い、ユーザーと実際に会おうとしない存在です。サクラを雇って、一時的に会員数を増やしたり課金に成功したりしても、「このアプリは実際に会えない」という悪い評判が広まってしまえば、長期的にマッチングサービスを続けること自体が困難になってしまいます。

ゼクシィ縁結びを運営しているのはリクルートグループの会社です。運営の健全性が厳しくチェックされる東証一部上場の企業が、サクラを雇うリスクを冒しても、デメリットばかりが大きくなってしまうので、ゼクシィ縁結びにサクラはいないと言えます。

また、ゼクシィ縁結びの課金の仕組みにも、サクラがいないと言える理由があります。ゼクシィ縁結びの料金体系は月額定額制です。一方で、よく「サクラがいる」とウワサになるのは、主に出会い系と言われるようなアプリで、これは「メール1通送信につき○○円かかる」といった料金体系を取っています。ゼクシィ縁結びは、「ユーザーがメッセージを送るたびに料金がかかる」という形を取っておらず、サクラを雇っても利益につながりづらい課金の仕組みなので、この点からもサクラがいないと言えるのです。

 

ゼクシィ縁結びに紛れ込む業者に注意

ゼクシィ縁結びは厳しい監視体制を敷いていますが、悪質な業者が紛れ込む可能性は残念ながらゼロではありません。そもそも、業者ゼロの婚活アプリはなく、恋愛・婚活目的以外のユーザーによるマッチングアプリの利用を完全に防ぐことは困難です。

ゼクシィ縁結びはマッチングアプリの中でも運営体制がしっかりしていて、審査も厳しいので比較的安全と言えます。それでも、アプリを使う上で、悪質なユーザーを避けて自分の身を守る心構えは大切です。

 

プロフィールから業者を見分ける方法

ゼクシィ縁結び_自己紹介文_短い

相手のプロフィールに以下のような特徴が見られたら、「業者や悪質ユーザーではないか」と疑うことが大切です。

  • 写真の枚数が少ない
  • 写真の肌の露出が多い
  • 魅力的な言葉が並ぶ

 

①写真の枚数が少ない

プロフィールに登録された写真の枚数が少ない場合、悪質ユーザーである可能性があります。もちろん、単に身バレを警戒して写真が少ないだけという場合もありますが、インターネットで拾った画像をプロフィール写真として流用していることも考えられます。写真を検索エンジンで画像検索にかけることによって、相手がインターネット上の他人の写真を悪用しているか確認することができます。
 

②写真の肌の露出が多い

プロフィール写真に肌の露出が多いものを登録している場合、業者である可能性があります。男性ユーザーを他のサイトに誘導したり、個人情報を聞き出そうとしたりする悪質業者であることも考えられるため、「いいね!」するのは控えたほうが賢明です。
 

③魅力的な言葉が並ぶ

プロフィールの自己紹介文に、「投資」、「起業」、「経営者」、「自由」といったキーワードが見られたり、高収入をアピールしたりしている場合、ビジネスに勧誘しようとする業者の可能性があります。また、年収の項目が空欄の場合も、悪質ユーザーの可能性があるので注意が必要です。

 

メッセージや会った時の態度から業者を見分ける方法

ゼクシィ縁結び_メッセージ交換

  • 自己紹介が軽い・絵文字や顔文字を多用する
  • 個人情報を聞き出そうとする
  • 外部サイトに誘導しようとする
  • お酒を飲ませようとする・お金を要求する

 

①自己紹介が軽い・絵文字や顔文字を多用する

プロフィールの自己紹介文が軽い印象だったり、絵文字や顔文字が多用されていたりすると、悪質なユーザーである可能性もあります。もちろん、親しみやすい印象を出すための演出とも考えられますが、自分のペースで会話を有利に進めるための策略とも考えられます。絵文字や顔文字をたくさん使う相手には注意する必要があります。
 

②個人情報を聞き出そうとする

マッチングアプリを通して知り合った相手とは、数週間のメッセージ交換の後か、実際に会った時に連絡先を交換するケースが一般的です。しかし、業者は少ないメッセージのやり取りで個人情報を手に入れたいと考えます。マッチング後の早い段階で、相手がメールアドレスやLINEのIDを聞いてきた時は、「悪質業者なのでは?」と疑ってみることが大切です。アドレス交換の後、相手がすぐに退会するようであれば、業者の可能性は非常に高いと言えます。
 

③外部サイトに誘導しようとする

メッセージ内にURLを貼り、外部サイトに誘導しようとする手口があります。たとえば、「スマホの調子が悪いから」、「有料会員の期限がもうすぐ切れそうだから」といった理由で、アプリの外でメッセージ交換を求められるケースがあります。このような時は、相手が業者ではないか疑い、要求に応じないようにしましょう。
 

④お酒を飲ませようとする・お金を要求する

これは業者というよりも悪質なユーザーの特徴としてですが、実際に会った時に無理にお酒を飲ませようとしたり、お金を要求したりといったことが挙げられます。危険な被害に遭う前に、適当な理由を付けてその場を離れるようにしましょう

 

業者・サクラと勘違いされやすい特徴

本当は業者やサクラではないのに、相手から勘違いされてしまうケースもあります。

  • メッセージの返信が遅い
  • マッチング後にメッセージが続かない
  • デートの約束をドタキャンする

 

①メッセージの返信が遅い

メッセージの返信が遅いと、場合によっては「有料会員になった途端に返事が来なくなった」と相手に思われてしまうことがあります。複数の相手と並行してメッセージ交換していると、ついつい返事が遅くなりがちなので仕方ない面もありますが、メッセージ交換を続けたい相手には、遅くとも1週間以内には返信するように心がけましょう。
 

②マッチング後にメッセージが続かない

マッチング後にメッセージのやり取りをしたものの、「何か違うな……」と違和感を覚えてメッセージ交換をやめてしまうことも少なくありません。ゼクシィ縁結びに限らず、マッチングアプリではメッセージが急に途絶えるのはよくあることです。もしも相手からの返事がなくなったら、素直にあきらめて他の相手を探すことが大切です。
 

③デートの約束をドタキャンする

デートのドタキャンの例として、何の連絡もなく待ち合わせ場所に現れなかったり、「身内に不幸があった」とウソをついたりと、様々なケースがあります。約束をドタキャンする人は必ずしも業者ではありませんが、今後、交際に発展する可能性が低い相手であることに違いはありません。いずれの場合も、相手とは縁がなかったとあきらめて、別の相手を探すことが大切です。

 

ゼクシィ縁結びの業者対策おさらい

  • ゼクシィ縁結びは万全の監視体制だが、悪質ユーザーを回避する心構えは必要。
  • 相手のプロフィールやメッセージから、業者ではないかを見極める。

ゼクシィ縁結びには、もちろんサクラはいませんし、監視体制や通報制度が整っているため、悪質業者が紛れ込むこともほとんどありません。大多数の利用者は真剣な恋愛・婚活目的です。価値観診断も参考にしながら、自分に合った相手を見極めましょう。

コメント

▼ この記事を書いた人

アラサーのための恋活・婚活ガイド編集部

公式ライター oguro
20代半ばから始めた婚活体験を元に、恋愛や結婚にまつわるお役立ち情報を発信しております。各種のマッチングアプリや結婚相談所、街コン、そして婚活パーティーなど、出会いの場を中心に活動中です。読者の皆様が良縁に恵まれ、生涯のパートナーを得られることを願っております。

アラサーのための恋活・婚活ガイド編集部をフォローする