Omiai(おみあい)に潜むサクラ・業者の特徴と手口をリスト化!その見分け方と対策とは?

Omiai(おみあい)に潜むサクラ・業者の特徴と手口をリスト化!その見分け方と対策とは? Omiai(おみあい)

人気マッチングアプリ(厳選の4つ)
~ 婚活するなら ~ ~ 恋活するなら ~

Omiai(おみあい)にサクラはいませんが、アプリを悪用し、LINEやメールアドレスなどの個人情報を集める悪質業者が紛れこむ可能性はゼロではありません。

また、適切なプロフィールを設定できない男性は、女性に業者と勘違いされがちです。業者の特徴・手口の一覧を確認しながら、自身が業者と勘違いされないようなコツもご確認ください。

 

Omiai(おみあい)にいると噂されるサクラ・業者とは

サクラと業者の違い

サクラと業者、それぞれの意味は次の通りです。

  • サクラ……運営元が自身のサービスを魅力的に見せるために人を雇うこと。
  •  

  • 業者……サービスを悪用する第三者。アプリ内に紛れこみ、利用者から個人情報や金銭を取ろうとする者。

つまり、サクラは運営元に雇われた人のことで、業者は運営元と関係なくサービスを悪用する人のことです。
 
Omiai:サクラと業者の違い

 

サクラの目的・手口

先ほども書きましたが、Omiaiにサクラはいません。というのも、Omiaiがサクラを雇う必要がないからです。

一般的に、サクラの目的は、ほかの利用者に課金させ続けることです。サクラは運営元の指示にしたがって、普通の利用者のフリをします。そして、他の利用者に近づき、会えそうで会えない相手を演じます。こうして、いつまでもダラダラとメッセージ交換を続けることで、利用者に課金させ続けるという手口です。

しかし、Omiaiはこのようなサクラ行為をする必要がありません。なぜなら、サクラ行為をしても「Omiaiは出会えないアプリだ」という悪い評判が広まってしまうだけで、何のメリットもないからです。

Omiaiが公式HP上で、アプリを介して知り合い結婚したカップルたちの声を紹介するのも、「Omiaiが本当に出会える安全なアプリである」ことをアピールし、より多くの人にアプリを利用してもらう戦略があるからです。このような戦略と矛盾するという意味でも、Omiaiにサクラはいないと言えます。

※参考>>「Omiai – 良縁報告 – 」

 

業者の目的・手口

そのいっぽうで、わずかですが、Omiai内に悪質業者が紛れこんでしまうこともあります。もちろん、Omiaiには不審者を排除する仕組みがあります(※後述)。しかし、その仕組みをかいくぐり、アプリ内に潜む業者がいる可能性は排除しきれません。

悪質な業者の手口は次の通りです。

 
①宗教・ビジネスに誘う
宗教やビジネスに勧誘する業者の一般的な手口は、まずターゲットから悩みを聞きだして、「病気が治る」、「お金と自由な時間が手に入る」などと甘い言葉をかけます。そして、誘いに乗ってきた相手に、カルト宗教の儀式を体験させて入信を迫ったり、ネットワークビジネスのセミナーや説明会に参加させてマルチ商法やねずみ講の協力を迫ったりするのです。
 
◇ マルチ商法

友人・先輩やSNSの知人などから単に「会おう」と連絡があり、カフェなどで会うと、「安く旅行に行ける」などと旅行会員権の説明会に誘われます。説明会に参加すると「好きなだけ旅行に行ける」、「誰か紹介すれば簡単にもうかる」などと勧誘されますが、実際には旅行の予約ができず、もうかりもしない(以下略)。
(※消費者庁https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_transaction/release/2018/pdf/release_190329_0001.pdf#search=’%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%81%E5%95%86%E6%B3%95+%E6%B6%88%E8%B2%BB%E8%80%85%E5%BA%81′

 
◇ ねずみ講

ねずみ講は、先に組織に加入したものが後に加入したものから金品を受け取ることを内容とする金品の配当組織です。その仕組みは主に次のようなものです。

  1. 一定金額を講本部や先輩会員に送金して講に加入する。
  2. 講に加入したら最低2名の新規会員を勧誘し、加入させなければならない。
  3. 勧誘・加入させた自分の子会員に孫会員を勧誘・加入させる。

(※長野県消費生活情報https://www.nagano-shohi.net/akushitsu/multi.html

 
相手が「アプリでは話せないからこのサイトに来て!」、「ブログをやっているから見に来てほしい」などと言ってきたら要注意です。

 
②個人情報の収集
世の中には、LINEやメールアドレスなどの連絡先を集めようとする悪質業者もいます。その手口は、収集した個人情報を元に、メルマガを無理やり送りつけ、有料サイトに誘導したり、ネットワークビジネスに勧誘したりします。

相手が「アプリの調子が悪くなったのでメールでメッセージ交換をしたい」などと言ってきたら要注意です。知り合って間もない相手に、安易に個人情報を教えないようにしましょう。

 

Omiai(おみあい)の悪質業者を排除する体制

Omiaiの業者を排除する体制

年齢確認必須

Omiaiは公的証明書を使った年齢確認を終えないと、メッセージの交換ができない仕組みとなっています。これは未成年者を犯罪から守るための仕組みです。

 

監視体制

Omiaiには、自己紹介文やプロフィール写真に不適切な投稿がされないように、24時間365日の監視体制が整っています。そのため、業者がOmiaiのプロフィールを使ってユーザーを悪質サイトへ誘導したり、個人情報を集めたりといった迷惑行為ができないようになっています。

 

違反報告制度

上記のように、Omiaiには厳しい監視体制があるので、業者はアプリ内で不審な行動ができません。しかし、アプリから離れると監視の目が届かなくなってしまいます。たとえば、メッセージのやり取りがアプリ内からLINEに移行した後や、実際に会った時などに被害に遭う危険が高まります。

このような危険を減らすために、Omiaiには違反報告の仕組みがあります。違反報告が利用者から寄せられると、不審行為をしたとされるユーザーは運営元からチェックを受け、悪質と判断された場合はイエローカードや強制退会の処分となります。

 

Omiai(おみあい)の業者対策

Omiai(おみあい)の業者対策
 
Omiaiで、悪質業者や体目的の男などの不審者に出会わないために、下記の点を心がけるのがおすすめです。

 

相手のプロフィールをよく確認する

マッチング率を上げるには数をこなすことも大切です。しかし、だれかれ構わずに「いいね!」を送ると、悪質業者に遭遇する可能性も高まります。そのため、相手のプロフィールによく目を通して、不審な点がないかチェックしましょう。

    ※避けたほうがよい人の特徴

  • 年齢認証済みでない
  • プロフィールの内容が極端に少ない
  • すぐに会える(すぐ会いたがる)ことをアピール
  • 自己紹介文が軽い
  • 職業が「自由業」(”人生が変わった”アピール)
  • 健康食品やサプリの話が多い
  • イエローカード付き

ほかに、相手のプロフィール画像を検索してみるのも有効です。業者はインターネット上で簡単に手に入る他人の画像を勝手に流用し、何度も使い回すことがあるからです。画像を検索して怪しいと感じたら、「いいね!」するのは控えたほうが無難です。

 

メッセージのやり取りを慎重に行う

「いいね!」を送る時だけでなく、マッチング後のメッセージ交換でも引き続き、相手の様子を注意深くチェックしましょう。メールアドレスやLINEなどの連絡先をすぐに交換せず、しばらくの間はOmiaiのアプリ内でメッセージのやり取りをするのが基本です。

下記のようなサインがあったら、不審者の可能性があります。

    ※メッセージ交換の中止を検討すべき人の特徴

  • 「ブログもやってます」と外部リンクを貼る
  • デートの場所や日時を指定して譲らない(こちらの提案を聞かない)
  • 初回のデートでお金を要求してくる

男性は、自分が業者と勘違いされないために、相手に初回のデート場所と日時を決めてもらうのも有効です。初回のデートはお互いにとって行きやすい場所で、30分から1時間ほど、お茶か食事をするのが一般的です。

 

Omiai(おみあい)で業者のような人に遭遇した時の対処法

Omiai(おみあい)で業者のような人に遭遇した時の対処法

1、2週間様子を見る

メッセージのやり取りをして仲良くなった人が不審な様子を見せ、「なんかおかしいな」と感じても、すぐにやり取りをやめるのではなく、しばらく様子を見ることをおすすめします。具体例は後述しますが、異性とのメッセージ交換に慣れていないユーザーは、業者と思われてしまうような行動を取ってしまいがちです。もちろん、こちらを不快にさせる迷惑行為をするユーザーとは関係を絶って構いませんが、多少の粗相ならば、大目に見て冷静に判断することが大切です。

 

運営に通報する

不快なユーザーはOmiaiの運営元に違反報告しましょう。運営元が該当ユーザーのメッセージ履歴やプロフィールを確認し、規約違反があると判断すれば、イエローカードや強制退会の処分が決まります。

 

ブロックする

Omiaiのブロック機能は、自分と相手とお互いにプロフィールを見られないようにする機能です。メッセージを送ることもできなくなります。不審者はもちろんですが、アプリ内で知り合いを見つけてしまった場合にも効果的です。

 

Omiai(おみあい)で業者と勘違いされる人の特徴

Omiai(おみあい)で業者と勘違いされる人の特徴
 
Omiaiの一般ユーザーの中には、業者と勘違いされてしまうような人もいます。アプリの利用経験が浅かったり、恋愛経験に乏しかったりするような人は、適切なプロフィール設定やメッセージ作成ができず、業者と間違われやすい傾向があります。ここでは、円滑にアプリを利用するためのコツをご紹介します。

 

Facebookの友達数が少ない人

プロフィールに記載されたFacebookの友達数が「10人以下」のユーザーが必ず業者とはかぎりません。普段ほとんどFacebookを使わない人や、Omiaiに登録するために新たにFacebookアカウントを開設した人もいるからです。

特に社会人になると、勤務先のコンプライアンスの関係で、SNSの積極的な利用を控える人が多くいます。「婚活のためにFacebookアカウントを作ってOmiaiに登録しよう」と考える人もたくさんいるので、Facebookの友達数が少ないからといって、相手を業者と判断するのは早まった考えです。

 

退会アピール

プロフィールに「あと数日で退会予定です」と書いて退会をアピールする人がいます。これは、自らを期間限定商品のようにプロデュースして特別感を演出する狙いがあると思われますが、「いいね!」を稼ぎたい魂胆が透けて見えるので、必ずしも印象は良くありません。退会時期は書かないほうがおすすめです。

 

肌の露出が多い

プロフィール写真に肌の露出が多いものを選ぶと、プロフィールが軽い印象になります。そのため、いくら自己紹介文をまじめに記入しても、業者のような雰囲気が消えなくなります。特に女性の場合、体目的のユーザーから「いいね!」されやすくなるデメリットもあるので、水着のような肌の露出の多いものは不適切です。

また、写真うつりが良すぎると、業者のような雰囲気が出てしまいます。たしかに写真は大切なアピール材料ですが、あまり凝らないほうが好印象です。プロのカメラマンに頼まず、友人や家族に撮影してもらった自然な日常風景の写真を選びましょう。

 

高収入アピール

自己紹介文に高収入を自慢する一文を入れたり、プロフィール写真に高級ブランドが写った写真を使ったりすると、自慢げな様子が相手に伝わり、好印象を得られません。他人の自慢話ほどつまらないものはないので、自慢と受け取られかねない表現は控えるのがおすすめです。

 

写真が少ない(景色や動物の写真)

プロフィール写真は日常の自分の姿を伝えられる重要なものです。メイン写真はもちろんですが、サブ写真も追加することで相手に安心感を与えられます。

男性の場合は特に、顔写真を登録しないとマッチングするのは困難です。自分の姿が写っていない、風景や動物のみの写真は相手に不信感を与えてしまう恐れがあるので避けるのが望ましいです。

 

デート費用を「男性が全て払う」に設定している女性

一般的に、男性がデートの費用をすべて払うのがマナーとされています。しかし、筆者の経験から考えると、「男性がデート費用を払って当り前」という姿勢の女性は避けたほうが良いです。話し合いができなかったり、自分の考えを一方的に押しつけたりするような、高慢な女性が多い印象です。男性はこのような女性に「いいね!」を送らないのが無難です。

 

相手の「いいね!」数が急増

メッセージのやり取りをしている相手の獲得「いいね!」数が急に増えることがあります。「この人は『いいね!』を集める業者なのでは?」と相手を疑う人もいますが、この場合は業者ではありません。「いいね!」数急増のほとんどは、相手が「今日のピックアップ」に選ばれたことによると考えられます。

「今日のピックアップ」は毎日ランダムで選ばれます。選ばれたユーザーに対して無料で「いいね!」を送れるようになるので、そのユーザーは短期間で多くの「いいね!」をもらうことになります。

相手が業者であることを疑う必要はありませんが、相手にアプローチする競争相手が増えるので、それまで以上にメッセージの内容に注意を払う必要が生じます。そのため、「今日のピックアップ」は無料で「いいね!」できるメリットがあるものの、すでにマッチングしている人にとっては迷惑な仕組みでもあります。

 

「いいね!」を無視する人

Omiaiでは「いいね!」を送っても無視されることがほとんどです。マッチング率は50%にも届きません。送った「いいね!」の半分以上はマッチングにつながらないので、自分のプロフィールを修正しながら、別の相手に「いいね!」を送り続けましょう。いつでも次の可能性に期待する姿勢が大切です。

 

メッセージの返信や連絡が早い

Omiaiの利用者の多くはそれぞれに仕事や勉強があるはずなので、平日の昼間に送ったメッセージに数分以内の返事が届いたら、「仕事をさぼっているのではないか」「実は無職なのではないか」などと疑いたくなります。

もちろんメッセージの返信が早いほうが好印象を得られやすいのですが、あまりに早くても相手の不信感を招いてしまいます。そのため、「平日の日中はアプリを開かない」、「メッセージは一日に一通まで」などのルールを作るのがおすすめです。

 

マッチングしたのにメッセージが来ない

マッチング後は男性からメッセージを送るのが一般的です。また、相手の男性が有料会員なのか見分けるために自分から初回メッセージを送る女性もいます。

マッチングしたのにメッセージが来なかったり、自分から初回メッセージを送ったのに返信が来なかったりする場合があります。このような場合は、「相手が間違えてマッチングしてしまった」、「相手がマッチング後にこちらのプロフィールを見返したところ、やはり好みではなかった」、「忙しくて返信できない」などの理由があります。

業者ではなく、単に相手の都合が悪かったという場合がほとんどなので、「相手からメッセージが来たらラッキー」程度に考えて、ほかの相手を探しましょう。

 

メールやLINEにすぐ移行しようとする

マッチング後のメッセージ交換は、しばらくの間、アプリ内で行うのが望ましいです。「相手ともっと仲良くなりたい」という思いが先走って、展開を早めたくなる気持ちは分かりますが、相手に焦りが伝わると好印象を得られません。

個人情報を教えたくないと考える女性は多いので、連絡先の交換は実際に会った後にするのが無難です。初めてのデートか、2回目以降のデートで連絡先の交換をするのが一般的です。

 

LINE交換を拒否する

相手からLINEの交換を求められたとき、「まだ連絡先の交換をしたくない」という場合があります。そのときは理由もあわせて伝えると、業者と勘違いされずに済みます。

たとえば、「LINEは連絡手段として使っているので、普段のメッセージ交換はアプリ内でしたいです」、「以前LINE交換をして悪用された経験があるので、実際に遊びに行った時に交換するようにしています」など、個人情報を教えたくない理由と代替案を添えると、その後も関係を継続しやすくなります。

 

LINEの登録名がフルネームではない

LINEに登録している名前が下の名前のみだったり、絵文字のみだったりすると、相手に「怪しい」「業者なのではないか」と思われてしまう恐れがあります。友達同士や家族同士のみのLINE利用ならば、どのような登録名でもかまいませんが、インターネットを介した出会いの場合は、ささいなことでも相手に不信感を抱かれるきっかけになってしまいます。Omiaiで知り合った相手とLINE交換するときは、登録名をフルネームにするのがおすすめです。

 

Omiai(おみあい)の業者対策まとめ

「相手が業者かも?」と思ったら、いったん冷静になって相手の様子を伺い、対話してみましょう。マッチングアプリはメッセージだけで信頼関係を築かなくてはなりません。メッセージが遅れがちになったり、既読してすぐに返信がなかったりすると、「自分に興味ないのかな」と不安に陥ってしまいがちです。

「メッセージが遅れてごめんなさい」、「土日は仕事で返信できません」など、相手の不安をやわらげるような一言を添えるだけで印象が変わります。

もちろん、断っているのにしつこく個人情報を聞きだそうとしてきたり、こちらの都合も考えずに待ち合わせ場所や時間を指定してきたりするなど、不審な点があれば違反者報告やブロックをしましょう。

コメント

▼ この記事を書いた人

アラサーのための恋活・婚活ガイド編集部

公式ライター oguro
20代半ばから始めた婚活体験を元に、恋愛や結婚にまつわるお役立ち情報を発信しております。各種のマッチングアプリや結婚相談所、街コン、そして婚活パーティーなど、出会いの場を中心に活動中です。読者の皆様が良縁に恵まれ、生涯のパートナーを得られることを願っております。

アラサーのための恋活・婚活ガイド編集部をフォローする